介護職員初任者研修を修了したら、どんなお仕事ができるの?

介護職員初任者研修を修了したら、どんなお仕事ができるの?

介護職員初任者研修という言葉はあまり耳慣れないかもしれませんが、従来は介護ヘルパーまたはヘルパーと呼ばれていました。介護職員初任者研修を修了したら、どんなお仕事ができるのかについて、ご説明する前に、ホームヘルパー2級が介護職員初任者研修という名称に変更された理由や、介護に関する制度が変更になったいきさつなどについて、詳しくご説明したいと思います。

 

ホームヘルパー2級の資格制度が廃止されたのは、2013年4月のことで、これに代わって新たにも埋められたのが介護職員初任者研修と呼ばれる制度です。従来のこの資格制度が廃止された背景として、海外の国々と比較しても、日本国内では近年は少子化・高齢化が著しく深刻化しており、全人口の65歳以上の高齢者の占める割合が、すでに4分の1に達しようとしており、今後はさらに介護が必要とされる高齢者の割合がより高まるであろうと言われています。

 

そのような現状を踏まえて、介護保険についても新たな見直しが必要となり、介護サービスを提供する側の社会福祉士や介護福祉士、ヘルパーなどの位置づけについても、従来の制度より改善が必要となりました。ホームヘルパー2級の資格については、これまでは介護に関する理論を学び、介護施設での実習で学んできましたが、2013年4月からは、すべての課程を修了した後に修了試験を受験して、合格した人のみに対して、資格が付与されることとなりました。

 

介護職員初任研修や実務者研修を修了した後は、デイサービスセンターや老人保健施設、老人ホーム、グループホームなどの介護の現場での仕事ができるようになります。従来は、大規模な介護施設が中心でしたが、近年は小規模なデイサービスセンターも次々に開設されており、ショートステイが可能な介護施設や入所型の介護施設なども全国的に増えているので、資格を取得してから、仕事につけなくて困るというような事態は、まずはないとみて良いでしょう。高齢化については、今後ともますますこの傾向がさらに進み、深刻化していくことから、介護職員初任研修を受講して、資格を取得したいと希望する人が増えています。

 

介護の現場では、介護福祉士と共に通所・入所した高齢者に対して、食事の介助や排せつ、入浴の介助などを行います。