介護職員初任者研修を修了したら、どんなお仕事ができるの?

介護職員初任者研修の将来性はあるの?

介護職員初任者研修を受講して、資格を取得してからの将来性はどのような感じなのでしょうか。資格取得後は、デイサービスや老人保健施設、老人ホームやグループホームなどの介護施設でヘルパーとして働くことが可能で、高齢化社会にともない、この仕事のニーズが非常に高くなっていることから、将来性があると言えるでしょう。

 

病院などの医療機関では、医師や看護師の数が不足していると言われていますが、介護の現場では、介護福祉士やケアマネージャー、社会福祉士やヘルパーの人材が不足していると言われています。とはいっても、介護や医療に従事している人の数がけっして少ないということではなく、介護や医療に携わっている人材と、介護や医療を受ける人の数が十分に見合っていないということになります。
それだけ高齢化社会が深刻に進んでいるということを表しており、全国的に介護施設の数が増えているにも関わらず、介護サービスを行う側の人数はまだまだ不足傾向にあります。

 

とくに、ヘルパーは、ひとりひとりの高齢者と向き合い、食事や排せつ、入浴介助などを行うので、介護施設に通所または入所する高齢者の数が多ければ多いほど、多くの人材が必要となってきます。介護職員初任者研修を受講する人の数は、年々増えてはいますが、資格を取得して介護施設で働いていても、体力と気力が必要で、責任が重い仕事であることから、長く続かない人も少なくないようです。

 

日本国内の景気がこの先、悪化することはあっても、介護とはまったく無関係であり、この先も高齢化がますます深刻になれば、介護に従事する優秀な人材のニーズは高まることでしょう。