介護職員初任者研修を修了したら、どんなお仕事ができるの?

介護職員初任者研修を修了したら、どんなところに就職できるの?

介護職員初任者研修は、これまでホームヘルパー2級と呼ばれていた資格がこれに相当します。これまで介護に関する知識や技術を習得していなかった人が、もっとも身近に感じられる資格と言えば、この資格になります。

 

介護施設でヘルパーとして働くという希望があれば、まずは介護職員初任者研修を受講しておくことです。そして、介護に関する理論や実技についてすべての内容について受講して修了後に、筆記試験が実施されており、これに合格することで資格が付与されます。

 

介護職員初任者研修の資格を有することで、介護のスペシャリストとして認められるわけですから、介護施設への就職・転職がより有利になることはもろちんです。介護職員初任者研修を受講するのに、とくに性別や学歴に関する制限などはありません。

 

介護職員初任者研修の資格を取得した後のおもな就職先として、デイサービスセンター、デイケアセンター、老人保健施設、老人ホームなどがあります。介護保険施設には、おもに在宅介護型の施設と、老人ホームのような入所型介護施設の2種類があります。入所型の介護施設は、この他にもグループホームや老人保健施設などがあります。なお、老人保健施設では、デイケアやデイサービスなど、通所して利用している高齢者も多数います。
このような介護施設は、今後とも高齢者がどんどん増えるもの予測されていることから、施設の数が減少するとはまず考えられにくく、介護施設の数は全国的に増加する傾向にあります。

 

入所型の介護施設と通所型の介護施設とでは、ワーキングスタイルにもそれぞれ違いが出てきます。入所型の介護施設の場合、シフトを組んで夜勤をすることもあります。通所型のみの介護施設では、日勤のみとなります。ヘルパーとして勤務している人の多くは、家庭の主婦であり、夜勤のない通所型の介護施設での勤務を希望している人が多数です。

 

介護職員初任者研修の資格を取得してからの仕事探しの方法として、公共機関で探す方法もありますが、今やインターネットが普及しており、「介護 求人」などのキーワードで検索すると、介護求人・転職サイトが多数出てきますので、勤務地や給与・休日など希望条件で検索して探すことも可能です。