介護職員初任者研修を修了したら、どんなお仕事ができるの?

介護職員初任者研修の試験って難しいの?

2013年4月からスタートした介護職員初任者研修 (旧ホームヘルパー2級) について、その難易度はどのような感じなのでしょうか。従来のホームヘルパー2級と同様に、受講時間はこれまでと同様に130時間と定められています。実技に関しては、従来の約2倍・90時間と長くなっています。介護職員初任者研修では、これまでよりもとくに実技のスクーリングが重視されるようになり、実践で役に立てるようにカリキュラムが組まれています。

 

その代わりに、これまでホームヘルパー2級で実施されていた介護施設での実習がなくなりましたが、研修課程を修了した後に筆記試験が実施されるようになりました。この試験をクリアしないとこの資格を得ることはできません。

 

従来のホームヘルパー2級では、とくに受講後に試験が実施されることなく、すべての課程を修了した時点で資格が付与されていましたが、試験制度が新たに設けられたことにより、これまでと比較すると、難易度が高くなったと言えるかもしれません。これまでは、「ヘルパーになるには、研修を受講すれば誰でもなれる。受講後は介護の現場で働ける」という感じでしたが、介護職員初任者研修制度がスタートしてからは、講座をすべて修了することはもちろん、さらに筆記試験をクリアしなければならないわけですから、たしかに難易度は高くなっています。

 

しかし、難易度が高くなった分、習得する知識や技能のレベルもアップして、介護の現場でこれまで学んできたことを活かして即実践で活かせることができます。2013年4月からのこの制度がスタートしたばかりで、合格率や合格した人の人数などのデータが少ないため、詳細についてはまだ十分に把握できてはいませんが、試験制度が設けられたことで、介護の知識と技術をレベルアップしようという意欲がわいてくるのではないでしょうか。

 

介護施設にとっては、レベルの高い介護スタッフを確保することによって、ひとりひとりの高齢者に対して、より専門性を活かした介護ができるということで安心感と信頼感が得られることでしょう。介護職員初任者研修について、ご興味をお持ちであれば、インターネットで専門学校やスクールの資料を請求してみると良いでしょう。